安全に、楽しくボルダリングするためにも

止める人と言いましたが、他にもままならない理由を抱えている人もいます。誰でも気軽に始められるのがこのボルダリングというスポーツの見どころとなっていますが、だからといって危険がないわけではありません。ここまで触れませんでしたが、高所恐怖症の人は怖いものは怖いと感じるでしょう。高さはそれこそ地面から軽い建物の天井、約3m~4mまでだ。地べたに足がついていないと落ち着かないんだという人は、もはや正気を保って入られないかもしれない。高いところに耐性や何と思わない人でも、いきなりこの高さまで来るとやはり一瞬気後れはしてしまいます。

高さに慣れることも大事ですが、この高さから落ちた時の事を考えてもらいたい。いくらさほど高度がないといっても、落ち方によっては最悪骨折も簡単にしてしまうはず。地面に激突するパターン、または他人との接触事故といったように事故とはいついかなる時、どういうタイミングで起こって、何が結果として影響するか予想など付けられるはずもない。スポーツをしていれば必然と肉体を酷使していることが多いので、気づけばケガをしていたなんてことはありふれた話だ。でもそういう場合、危険なことをしていない小さな傷がほとんどだと思います。

高所からの落下、人間が落ちればその分だけ衝撃は伴う。これでもし体重が100kgの男性が上から降ってきたら押しつぶされる話ではありません、内臓圧迫によって死亡なんてことも起こると思ったら空恐ろしい。さすがにそれだけの巨漢な人がボルダリングをするかどうかは微妙なところにしても、それでも一般成人男性が上から降ってきて激突したらただでは済まない。二次元にありがちな空から女の子が降ってきてラッキースケベ的な展開、みたいなことは100%ないので安心して下さい。

理想的な落下

では落下するときにどういう落ち方をすればいいのかについてですが、理想的なのは『マット目掛けて着地すること』です。倒れるようにでもなく、地面に足付く形でマットレスの上に落ちるのが一番大事です。態勢によってはそれが出来ない場合もあるかと思いますが、そういう場合も落ちる前にまず態勢を立て直してから落ちるようにしよう。

たまに見かけるのですが、調子に乗ってふざけた登り方をしている人を見かけることがある。ジムにしてもケガをする人が出ないよう安全に配慮してはいるものの、巫山戯が過ぎる人はどうしても出てきます。そういう人に限って周りの迷惑を考えないものだ、本人は悪気はなくてもそれで誰かと言わない第三者をケガさせてしまったという話もよく聞くし、実際にそういう場面になりかけたという人も多いと思います。

何がいいたいかというと、ケガをする人は大概自身が一番の原因であるという点を認識していないことです。人によってはそこにいたから悪いんだと責任転嫁も良いところな無礼さを発揮する強者までいる。こういう人に常識を求めても仕方ありませんが、やはりジムとしても素行に問題のある人を出入りさせていた責任も大きい。安全に、誰もが楽しく出来るよう配慮されているところであることも肝心ですが、自分が落ちるときにきちんとケガをしないように考えてボルダリングをしているかも重要だ。ケガをする、させたという話は結局誰も得をしない、損することばかりだ。自分の身は自分で守るというわけでもないが、安全を確保するのもクライマーに課せられた責務といえるでしょう。

休息は肝心です

ボルダリングもその本質はスポーツというところに原点がある、なのでやりすぎれば当然疲労も蓄積されていきます。その状態で壁をよじ登っていればいつかは体力が尽きてしまいます。楽しくて夢中になってしまうかもしれませんが、自身の体力が続く限りではなく程よく休息を取りながら遊ぶのも大事です。仕事にしても遊びにしてもそう、休息を一旦挟んで取り組むことにより効率も上がるし、より充実した時間を過ごせるものだ。

張り切りすぎてケガをしてしまい、ボルダリングが二度と出来なくなってしまったとなっては笑い話にもなりません。

以上のように

ボルダリングについて話をしてきたが、どうだっただろうか。初心者の人にすれば難しい競技に見えるのはもちろんだが、それもやはり練習に練習を重ねていけば充実感を得られること間違いなしだ。基本的には自分のペースで、自分なりに進められるのがボルダリングの良いところであり、逆に言えばつまづきやすいポイントでもある。そういう時は上級者の人と交流して、自分の欠点を見直して取り入れて、自主トレを積んでいけばいつかは驚くような成長が得られる。

ですが張り切リ過ぎてケガをしたり、コツがいつまで経っても掴めないから止めるという人は正直もったいない。流行りとはいえ、やっていけば日頃の運動不足解消にも繋がるし、手軽に体型維持も行えるので本気でオススメだ。

ただ辛いことや面倒臭いこそ、挫折したくない横着して安易なことばかり望んでいる人には正直向いてはいないでしょう。なんだかんだでこの競技も根気がいるので、自分を酷使するくらいがちょうどいいと感じて、成長したいと考えている人はもしかしたら意外な才能を発揮するかもしれません。何か運動を始めてみたいと考えている人がいたら、この機会にボルダリングを始めてみてはいかがでしょうか。