シューズについて

そんなボルダリングだが、始めていく中で気づいたことがある。それは履いているシューズについてだ、とりあえず手頃なものを購入する前に、貸し出されたシューズを利用する人も多いでしょう。ですが利用回数とコストパフォーマンスなどを考慮すると、頻繁に訪れる人はむしりボルダリングをするときに必要な道具を一通り用意しておいたほうが経済的に安上がりといった場合もある。ハマっている人はなおのこと、マイ道具を取り揃えていれば自分のペースで色々と利便性も増すものだ。

その中でも少しシューズについて話をしておきたい。何せボルダリングが流行りだしてから各メーカーがこぞって参戦をして、現在までに100種類以上ものシューズが生産されているほどに賑わいを見せているのです。これだけあればどれを選んでいいのかわからなくなる人も必ずいるはず、どれがいいという基準なども目処として立てつつ、シューズの重要性を分析していこう。実際に買いに行った時には、あまりに数が多すぎてどれを購入すればいいのかと迷ったので、個人的にも色々と調べた結果も交えて話していこう。

シューズを選ぶときのポイント

ボルダリングに限ったことではないが、普段の靴選びにも色々と選択する基準は存在します。代表的なのは『ピッタリ履けるものではなく、少し余裕のある位の靴』というのが定番どころ。靴のサイズについてはボルダリングも同様だが、そうではない競技だからこそこういう部分に注目したいシューズ選びの独自性がそこにはある。

まず最初に挙げられるのが、ソールが柔らかいものを選ぶという点だ。硬いのはダメなのかというが、なるべくならとしておこう。柔らかさも本人が一番体感できるものとなっているので、人の意見は聞く程度に留めて自分が理想とする柔らかさを追求しよう。どうして柔らかくなければならないのかという理由についてだが、それはこういう点だ。

  • 足をホールドに乗せている感触が得られる
  • 人口ホールドほど、硬いソールは適さない

この2つの理由から硬いものよりも柔らかいほうが良いとされている。ですが中には硬いものの方が一番いいと答える人もいるでしょう、なので一般的な意見としてはソールが柔らかいほど満足な競技ができやすくなると思ってくれればそれでいい。

ソールのタイプをきちんと理解する

ボルダリングで使用するシューズですが、これは2つの種類が存在します。1つは『ダウントウ』と呼ばれるもので、2つは『フラット』なものだ。ダウントウとはつま先がカギ形になるように作られているタイプとなっているので、フラットな物と見比べてみるとシューズの形が非常に独特となっている。

どちらがいいのかというと、初心者の人は『フラット』なものから入って、その後慣れてきた人から上級者は『ダウントウ』タイプのシューズにするといいと言われています。この時ダウントウには注意点があって、過度に曲がっているものは逆に履き心地が悪い場合があるので、適度に曲がっているものを履いたほうがいいという。

シューズを利用してボルダリングを円滑に楽しめるように色々選びたくなるところですが、最初の内はなれることも目先に入れて無難にフラットタイプのシューズを買うようにしたい。

ターンインし過ぎているのもNG

ダウントウもそうですが、他にも『ターンイン』な状態のシューズもあまり初心者には適さない。ターンインとは、『つま先から親指側に大きくカーブしているシューズ』のことで、これもまた曲がりすぎていると履き心地が悪いという、本来持つシューズのメリットが全く引き出せない物が販売されているので、よく見比べてから購入するよう心がけたい。

自分の足にあった靴は大原則

いくつか注意点となるものを上げてみましたが、要は普段の自分が靴を買う際に気にする部分に着目しつつ選んだ方がいいということです。買い慣れた人ならダウントウタイプのもの、ターンインしているものを購入するかもしれませんが、あくまで上級者だからこそ買って得をする道具だと思ってくれればいい。何せ利用するにしてもまずはボルダリングをきちんと遊びこなせていなければ、元も子もないのです。

道具だけ一級品でも使用する本人がポンコツなら宝の持ち腐れもいいところだ。いいものを購入しようとする意識は否定しません、ですがまずきちんとボルダリングを自分が楽しいと思えるようにならないと話は先に進みません。履いていて自分がきついと感じるようなら買い換える、こういうスタンスでいるほうが断然いい。