慣れ始めたら次に思うのは

ボルダリングの基礎中の基礎、その中でも特に重要な部分だけをピックアップして紹介しましたが、先ほど紹介したことを頭に入れているだけでかなり違ってきます。飲み込みが早い人はコツをすぐに見つけるかもしれないですし、中にはどうしてもまだ無理だからと他人との技量差に落胆してもうやりたくないと嫌気が差す人もいるかもしれません。こう言ってはなんですが、ボルダリングもやはり個人の運動能力によって差は必ず出てきます。競技として大会も開かれており、そこで出場している人たちはプロといってもいいようなレベルの人達が集結しています。

趣味として始めるのならそんな境地にまで至る必要性は全くありません、ボルダリングのメリットは『誰に気にすることもなく1人で出来る』というのが一番だ。だからこそ続けられて、自分のペースでゆっくりと楽しみを見つけられたという人もいるくらいです。焦る必要はありません、誰かに勝つことを目的にするのがスポーツではありませんし、自分が生活にメリハリを付けるために利用しているという目的を持っている人は見方を変えるとより楽しくなるでしょう。

でも誰にとっても競技ないし物事を学んでいけば上達したいと思うのは共通事項です、なのでここからはボルダリングをする上で上手になれるコツをいくつか紹介していきましょう。中々うまくならないと嘆いている人がいたら、参考にしてみるのも良いかもしれません。

上達のコツとして

ボルダリングにはいくらか必要な技術が存在します。動作や筋力、バランス感覚といった基本的なものも重要となりますが、それ以外にもこういう部分を意識すると良いというコツが有ります。さっき説明すれば良かったのにと言われるかもしれませんが、先程は『始めてもいない初心者でもない人』を想定してのものだったので、ここからは初心者になってこれからもっと上手になりたいと考えている人たちに実際取り組んでみてもらいたい技術を紹介していこう。

集中力を切らさないように

ボルダリングというものがどんなものなのかと理解し始めた頃に意識したいのが、何と言っても競技に対して『集中』するということです。仕事するにしてもそうですが、集中力は一定時間途切れないように心がけたい。いくらなんでもずっととはいわないが、ボルダリングに置き換えても登っている最中は競技のことだけを考えるようにしたい。登りながら今晩の夕食何にしようかなぁと、呑気なことは考えずにしたい、そういう時に限って恐怖心を紛らわそうとしているのかもしれませんが逆効果だということを覚えておいてもらいたい。

集中していれば自然と登ることだけに一辺倒となり、自然と恐れも引いていくものです。

実はかなり重要な戦術

集中している時ほど、ボルダリングの最中に次のホールドはどれにすればいいかと考えているもの。ですが慣れてくるとただ無計画に登っているだけではいつか壁にあたってしまい、登り切れなくなるという躓きが生じることもあります。こうなる原因はただ闇雲に登っていたから次のルートが定まらなくなったことに起因している。

スポーツとは奥が深い物、サッカーにしてもバスケにしても何にしても、色々な競技にはそれぞれ戦術を用いてより勝つ方法を模索するのが通常だ。ただがむしゃらにやったら勝てたといった、奇跡に近いことをやり遂げる人がいたらそれこそ本物の天才かもしれません。ですが天才といえど、個人競技でもない限り団体競技では一人の活躍で勝利へと導いたといった劇的過ぎる展開はまずありません。ボルトリングもそうです、登っていく内に次のルートはこうするべきかという指針を立てていかなくてはなりません。登り始める前に大まかな地図を設計するのもありですが、そううまく事が運ばないもの。

詳細にとはいいませんが、何かしら登る前に戦術ないし作戦の構築を心がけるようにしたい。

冷静さも肝心

これは集中力・戦術といった両方の話に繋がるものですが、冷静さというのも大事な要素です。集中したい場合はまず自分自身が落ち着き、冷静さを取り戻さなければなりません。戦術にしても次にどうすればいいのか、登っている最中に最適なルートを的確に割り出すためにも落ち着いて全体を的確に見抜く行動が必須となる。たかが遊びだたが、されど遊びだ。真剣になって悪いことはなく、むしろ真剣にやるからこそケガの危険性も低くなるのです。

やりがいがある

こうしたことから見えてくるのは、ボルダリングというのはただ登るだけなのに非常にやりがいがある競技ということだ。スポーツにやり甲斐を見出す人もこういうところに意義を見出すからプロとして活躍したいと思うのだろう、クライマーの人も登り切った先に待っている頂上へ辿り着くことが一番の目的となっているので、それをするために何をすればいいのかを考えるのも楽しいと感じているのかもしれません。

ボルダリングもただ登るだけでは得られない満足感があるから、流行っているのかもしれません。